ぎっくり腰

とつぜん訪れる「ぎっくり腰」は、本当に困りますよね。不自然な体勢のまま重い物などを持ち上げると、「あっ、やってしまった」ということも。
ぎっくり腰は「急性腰痛症」と呼ばれ、ちょっとした動作で発症することもあります。
では、ぎっくり腰について詳しくご説明していきたいと思います。

原因

ぎっくり腰の原因は、重い荷物を持ち上げた時の「グキッ!」だけではありません。ぎっくり腰になる原因は、普段の生活と深く関係しています。普段から運動不足だったり、姿勢が悪かったり、冷え症や肥満などもぎっくり腰の原因になると言われています。

運動不足の場合には、体の柔軟性が失われてることによって体が硬くなり、無理な体勢をしたときにぎっくり腰になりやすくなります。

また意外な原因としては、疲労やストレスも関係していると言います。筋肉の疲労によって、背骨が歪んでしまうこともあると言われています。長時間おなじ姿勢でいることが多い人も、ぎっくり腰になりやすいと言えますね。

症状

ぎっくり腰は、日常のちょっとした動作で引き起こされることもあります。たとえばくしゃみをしたり、階段を上るだけでもぎっくり腰になる場合があるのです。症状としては、とつぜん激痛が走り、動くことができなくなってしまいますね。

またもともと腰痛がある人の場合には、とくに何かをしたわけでもなく、突然痛みに襲われることもあるようです。

その他の症状としては、痛くて寝返りをうつことができない、布団から起き上がれない、まともに歩けないなどがあります。また運動不足などにより筋肉のバランスが悪いと、骨盤が歪んでしまい痛みが出ることもあります。

病院へ行ってレントゲンなどを撮っても、異常が見つからないことも多いのが特徴です。そのため痛みを和らげるためには、治療院で処置をすることをおすすめします。

対処法

ぎっくり腰になった時の対処法として寝るときの体勢は、仰向けでひざを曲げたり、横を向いて寝ると痛みが楽になります。ひざの間に枕を挟むと、より快適に寝られるはずです。
またぎっくり腰になった場合に、冷やすか温めるか迷うと思いますが、「冷やすこと」が有効です。ぎっくり腰は炎症を起こしている状態ですから、やった直後には冷やすことをおすすめします。
少し動けるようになったら、治療院で処置してもらうと回復を早めることができるでしょう。症状を長引かせないためにも、早めに治療院に相談してみてください。

 

簡単なストレッチ法

ぎっくり腰になったら、いつまでも安静にしていることが良いわけではありません。昔は治るまでずっと安静にすると言われていましたが、最近では2日以上は安静にしない方が良いと言われています。
そのため自宅でもできる簡単なストレッチ方法をご紹介します。

【ストレッチ①】

  1. 四つん這いになり、まずは腰を丸めて5秒間キープします。
  2. 次に腰を反らして5秒間キープします。

※痛かったら無理をしない範囲で行ってみてください。

【ストレッチ②】

  1. うつ伏せになり深呼吸を数回繰り返します。うつ伏せになるのも辛い場合には、お腹の下に枕などを入れると良いでしょう。
  2. 次に横向きに寝て、上の足の膝を曲げて軽く腰をひねる感じにします。
    辛い場合には、曲げた膝の下に布団や枕などを置いて高さをつけておくと良いでしょう。

 

ぎっくり腰は、軽いストレッチをした方が回復が早まるとも言われています。ぜひ自宅で実践してみてください。

 

まとめ

ぎっくり腰の原因や対処法をご紹介しました。突然発症することが多いので焦ってしまいますが、まずは安静にしてリラックスして過ごしましょう。そして徐々にストレッチをはじめていくことです。

回復を早めるためには、発症から2~3日が過ぎたら治療院で処置をしてもらうと良いでしょう。再発防止のためにも、日頃からストレッチをすることをおすすめします。

全身整体ネットキャンペーン

改善事例集

▼ 施術メニュー

  • 全身整体
  • 頭痛・偏頭痛
  • 巻き爪
  • 女性専門 骨盤矯正
  • 交通事故

メディア掲載実績

院内紹介

千代接骨院 健康ブログ

千代接骨院 公式ブログ

友だち追加

ページ上部へ↑