脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、腰や下肢に痛みやしびれが生じる病気です。具体的にどんな症状なのか、原因は何なのかをご説明していきます。腰椎ヘルニアと症状が似ていますが、原因は違います。違いを考えながら、対処法を見ていきましょう。

原因

脊柱管とは、背骨が積み重なった横にできる管状の空間のことです。脊柱管の中には神経が通っていて、この神経が圧迫されると、痛みやしびれを生じさせます。これが脊柱管狭窄症です。腰椎ヘルニアと部位も痛みも似ていますが、腰椎ヘルニアの原因が圧迫なのに対し、脊柱管狭窄症は、筋肉が硬直していたり、血行不良によって痛みが生じると考えられています。

そして脊柱管狭窄症は、加齢による背骨の変形が原因で神経を圧迫して、痛みやしびれを起こすこともあります。ただし脊柱管が狭くなっていることが、直接の痛みの原因ではないと考えられているのです。

腰椎ヘルニアの場合には、椎間板の神経を圧迫することで痛みやしびれが生じますが、脊柱管狭窄症は、必ずしも脊柱管が狭くなっていることが痛みの原因とは限らないからです。ここも腰椎ヘルニアとの大きな違いと言えるでしょう。

症状

脊柱管狭窄症は、腰椎ヘルニアよりも加齢による背骨の変形が原因と考えられています。また腰椎ヘルニアは習慣や精神面、遺伝などさまざまな原因が深く関係しているのに対して、脊柱管狭窄症は若い頃のスポーツや継続的な重労働が深く関係していると考えられています。

たとえば首や腰に大きな負担がかかる体勢を長期間続けたり、同じ姿勢を長時間続けたりすることが原因となります。年代としては腰椎ヘルニアが20~40代で発症しやすいのに対し、脊柱管狭窄症は50~80歳の人に発症しやすいと言えます。共通しているのは、男性の方が発症しやすいということです。

また腰椎ヘルニアと違うところは、体勢だけでなく、冷たい飲み物や甘い食べ物など、飲食物が関係しているところです。脊柱管狭窄症の特徴は、「少し歩いては休み」を繰り返すことや前かがみになると楽になるということです。

対処法

脊柱管狭窄症は、痛みやしびれがあるうちは、比較的症状が軽いと考えられています。もしそのまま放置すると、いずれは痛みやしびれが感じられなくなり、麻痺が起こってきます。そうなる前に適切な対処したほうがよいでしょう。
いちばん重症なのが麻痺、そしてしびれ、痛みといくにつれて軽度になっていきます。つまり痛みのある内が、いちばん回復しやすいということなのです。脊柱管狭窄症の主な原因は血行不良ですから、温めることで回復しやすくなります。
これも腰椎ヘルニアとは違うところで、初期の腰椎ヘルニアは炎症を起こしていると考えられるため、冷やすことが推奨されています。

簡単なストレッチ法

脊柱管狭窄症の主な原因は血行不良ですから、血行を促すことがいちばん重要だと言えるでしょう。痛みの段階では1週間から1ヶ月ほどで回復が見込めますが、しびれの段階になるとそれなりに長期間を要します。
できるだけ早い回復のためにも、自宅で簡単なストレッチを実践することをおすすめします。

まず仰向けに横になり、両膝を胸の前で抱え込んでみましょう。
5秒間キープしたら、元の状態に戻ります。
足を床まで戻すのはつらいので、イスに足をのせて休み、また膝を抱え込むを10回繰り返しましょう。
つらいときは無理をせず、イスに足をのせて休みながら行ってください。

全身整体ネットキャンペーン

改善事例集

▼ 施術メニュー

  • 全身整体
  • 頭痛・偏頭痛
  • 巻き爪
  • 女性専門 骨盤矯正
  • 交通事故

メディア掲載実績

院内紹介

千代接骨院 健康ブログ

千代接骨院 公式ブログ

友だち追加

ページ上部へ↑